衝撃!冷え性ってストレスの影響もあるってホント?

イライラが止まらなくなってしまう人はいますか?ちょっとのことでも気になってしまう人や、常にミスがあって上司や学校の先生に怒られている人、悩みがあって心から安らぐ時間がないという人も現代には多くいます。

そういう人たちは身体にストレスがたまっていきます。ストレスは簡単にたまるのに対して解消するのが人によって違うので、難しいということもあり厄介な病気の元になることもあるので、的確に解消していかなくてはいけません。

そしてこの時期にストレスを溜めている人は冷え性との関係も知っておく必要があります。

よく冷え性は運動不足や睡眠不足、身体の疲労とかが原因でなると考えている人も多く、それ以外の人でも寒いから冷え性になると考えている人がほとんどというのが現状です。しかし、最近はストレスが冷え性に深く関係しています。

なぜストレスが関係しているのかというと、過度なストレスを感じると人は自律神経のバランスが崩れていきます。自律神経が乱れていくと血行不良になるので、血が身体にめぐりにくくなります。そうすると各部位に酸素や栄養素が送られず、代謝が低下していきます。

そうなると身体が熱を作るもしくは運搬することができずに冷え性になるのです。ストレスが万病の元のもとになるように冷えもまた万病の元になるので注意が必要です。

この現代に生きていたらストレスもたまると思います。それにこの時期は寒くてどうしても布団から出たくない人もいて、そういった日々の積み重ねのストレスがダムのようにたまっていってある日身体に障害を引き起こすのです。

ストレスがたまって冷え性になって、さらに冷え性になっていることからストレスを感じるという悪循環に陥ってしまう人もいるので、まずはストレスの解消に目を向けて、自分の独自のストレス解消法で対処していくことがいいでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ