コーヒーは体を冷やす!のウソ?ホント?

コーヒーに関する、あいまいな情報に左右されない。

「今日は寒いから暖かいものでも飲もう」と思う人も少なくないはず。

そういう人は気を付けておかなければならないことがあります。

それは朝のコーヒーです。

朝は目覚ましのためにコーヒーを飲む方もこの時期は多いと思います。

そういう方なら少しは聞いたこともあると思います。

それは「コーヒーは身体を冷やす」という情報。

根拠は明確にはなっていませんが、コーヒーを飲むことによって寒くなるということが世間一般で語られている説でもあります。

しかし、逆にコーヒーには興奮作用や血行上昇作用があることも知られていて、それらが物語るのは温まるという事実です。

この曖昧な情報が出回っているのですが、どちらもあっているということになります。

コーヒーが体を冷やすも温めるも、利尿作用の影響!

どちらもあっているというのはまずはコーヒーには利尿作用があるということです。

利尿というのはつまり体内にある暖かい尿を対外に排出することになりますから、体温が必然として下がるということになります。

逆に、先ほど述べたようにコーヒーにはカフェインが含まれていて、カフェインは代謝を向上させる効果があります。

代謝が良くなると身体の循環が良くなり熱を発するので身体が暖かくなります。

つまりどちらの効果もあるということで、コーヒーは身体を冷やすということが嘘でもあり本当でもあるのです。

体を温めたいのなら、コーヒー以外をオススメします。

寒い時期は冷え症に悩まされる人も多いですから、そういう人は朝にコーヒーを飲むことによって身体を冷やしてしまうこともあるので、飲みすぎには注意です。

さらに緑茶なども寒いからといって飲む人がいますが、緑茶にも体温を下げる効果があります。

身体を温めるにはコーヒーや緑茶は向いていないので、紅茶や生姜茶、ココアなどが身体を温めるのに向いています。

寒い時期に身体を温めるならホットココアなどを飲むことで体温を上昇させることができます。

One Response to “コーヒーは体を冷やす!のウソ?ホント?”

  1. Mr WordPress より:

    これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ