足の冷えが靴下で解消、嘘みたいにあったかい

眠っているとき、歩いているとき、座っているときなどこの季節は冷え性で足が冷たいことが多いです。

しかもそれは温めることが難しい状況が多いこともあって、最近は特に女性が足の冷え性に悩まされています。女性の社会進出も頻繁になってきていて、働く女性が増えたことにより、それと比例して足の冷え性になっている人も多いです。

特に立ち仕事の場合は温めることもできないし、ずっと立っていることによって血行が悪くなり、足が冷たくなる女性も少なくありません。

なぜ男性よりも女性のほうが冷え性になっている人が多いのかというと、普通に筋肉が男性の身体よりも少ないからというのが理由になります。

筋肉は動くことで熱を発するので、筋肉が多い男性が少しランニングするだけでも身体がぽかぽかしてきます。しかし、筋肉が少ない女性がランニングをしても、そこまですぐに身体がぽかぽかしてくることはなかなかありません。

さらに女性は月経を経験するので、月経時に大量の血液を消費します。それによって熱を流動させる血液がなくなるので、男性よりも冷え性になりやすいのです。

足の冷え性対策で一番簡単なのは、暖かい靴下!

ではどうやって足の冷え性対策をするのかというと、一番簡単なのは暖かい靴下をはくことです。最近はパンプスが流行っていたり、短い靴を好む女性が多かったりするので、そういう人は足を冷やしてしまう原因になります。

また、そういった靴に合わせるように短い靴下を履く人が増えていて、それでは足が冷えてしまいます。そこで出勤などの際にはしっかり長い靴下を履き、ブーツなどの暖かい靴を選ぶことが重要です。

女子はオシャレをするために身体に悪い服装をしてしまう人も多いです。この時期はそういった不健康な服装になってしまわないように、暖かい服装で生活するのが良いでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ